F-Tran

正しく、読み易い翻訳を、あなたに...。
翻訳の良し悪しは、原稿の技術的内容を正しく理解することから始まります。
また、文書である以上は読みやすいものでなければなりません。外国語の能力と日本語の文章力の両輪が成り立たなければ、良い翻訳、読みやすい翻訳とはなりません。
Fトランでは、翻訳原稿の理解を徹底し、洗練された日本語の文章力により読みやすい翻訳文書を提供することに重点を置きます。お客様との効率的な連携を通じて、お客様それぞれのイメージに沿った、より良い翻訳を目指します。

F-tran offers prompt and effective translation services, English to Japanese and Japanese to English in a wide range of fields such as Electronics, Optics, Computer, Software, Communica-tion, Patents, and many others. We focus on fully understanding the contents of your manuscript, and providing clearly translated documents with sophisticated Japanese Language. By closely coordinating with you, we aim for correct translations with the mood and atmosphere that you wish to express.

業務内容詳細

☆ 取扱言語
英日翻訳および日英翻訳
☆ 翻訳対象(一例)
  • 企業翻訳(取扱説明書、仕様書、広告/宣伝/広報等の出版物、契約書、その他)
  • 技術翻訳(論文、書籍、特許関連、標準化規格、雑誌等の記事、その他)
  • 一般翻訳(パンフレット、ウェブサイト、店舗案内、イベント紹介、その他)
☆分野(技術翻訳等の場合)
  • 電子工学(アナログ回路、デジタル回路、アナデジ混在、PWB、その他)
  • 光学(レンズ光学、光ファイバ光学、結晶光学、光デバイス、光アンプ、その他)
  • 半導体工学(デバイス、MEMS、プロセス、製造装置、その他)
  • ソフトウェア(音声認識、画像認識、PC/スマホ/電子機器等に用いるOS、アプリ、ネットワーク、セキュリティ、その他)
  • 制御工学(電子機器、車両、機械制御、機械学習、AI、その他)
  • ロボティクス(軌道計画)
  • 通信工学(電気通信/光通信等の伝送特性、プロトコル、ネットワーク、その他)
  • 医療分野(医学論文、医療機器、タンパク質等の分析機器、その他)

料金表

日⇒英 翻訳 標準価格:35円/1word Japanese to English 35 yen/1word
英⇒日 翻訳 標準価格:25円/1word English to Japanese 25 yen/1word
初回値引・ボリューム値引致します。  
お気軽にお問合せください。
First Order Discount and Volume Discount are negotiable.
Please feel free to contact us.

翻訳者 プロフィール Translator

F. Masa

京都⽣まれ、奈良育ち、京都⼤学工学部卒業。都内⼤⼿電機メーカーの開発部⾨勤務を経て、現在に⾄る。企業翻訳/技術翻訳では、半導体関連の製造装置および測定装置のハードウェア、ソフトウェアを中⼼に約10年の翻訳実績。特許関連では、北⽶、ヨーロッパ、アジア、南⽶、オセアニア等の世界特許の権利取得手続に関し、延べ数百件の実績。

Having worked 25 years in the developmental department of a Tokyo electrical manufacturer, he has extensive experience in corporate and technical translation in the fields of hardware and software for manufacturing and measurement equipment for semiconductor devices. He also has wide experience with patent applications. He has handled hundreds of cases for acquiring patent rights in North America, Europe, Asia, South Africa, Oceania, etc. He was born in Kyoto and graduated from the Department of Technology of Kyoto University.